【オススメ看護師の転職サイト】支度金制度あり求人の探し方

看護師の転職で支度金をもらう

病院の募集内容に記載されている「支度金」。
祝い金とどう違うのでしょうか?
「病院からお金がもらえるって何か裏があるんじゃないの?」
支度金がもらえる理由とその条件について、詳しく紹介します。

目次

病院から貰える支度金とは?

支度金とは、医療機関に入職した際に、医療機関から支給されるお金のことです。
多くの医療機関で支度金の支給を実施していますが、条件を満たさないともらえないことがほとんどです。
また、中には支度金を支給していない医療機関もあるので注意が必要です。

支度金はいくらもらえるの?

支度金の金額は医療機関によってさまざまですが、病院では平均15万円〜30万円ほど。クリニックでは、10万円〜20万円が多いようです。この金額は常勤勤務で一定の期間の就業が求められます。
中には、100万円もの大金を支給する医療機関もありますが、その分、5年以上の長期勤務が求められます。

支度金を貰うにはどんな条件があるの?

全ての医療機関で共通している支給条件としては、転職サイト経由ではなく、医療機関への直接応募またはハローワークより入職することです。
また医療機関によって異なりますが、医療機関が定めた一定の期間の就業が求められます。最短で1年間、長くて5年ほどの就業が求められるようです。

その他にも、夜勤必須などの勤務条件があるので、気になった病院があれば、詳細について医療機関の採用担当の確認してみましょう。

支度金を貰う際の注意点って?

支度金をもらうにあたり注意したいことは、支度金の支給条件に違反した場合、返金を求められることです。
就業期間に応じて、分割で支度金を支給される場合は問題なですが、入職時すぐに支度金を支給された場合、就業できなかった分だけ支度金を返金しなくてはなりません。

入職する前に支給条件を確認すること、長期で就業できる病院が内部事情を事前に調べ自分に合っている病院なのか確認する必要があります。

支度金が貰える病院はどうやって探したらいいの?

支度金がもらえる医療機関は、求人サイトから自力で探すか、ハローワークに紹介してもらうかのいずれかの方法があります。
支度金の病院を見つけても注意したい点として、その病院が自分に合っているのか、ということです。
すぐに退職してしまってはなんの意味もありません。

転職成功の要因として、重要な1つに内部事情を知ることが挙げられます。
ただ、自分で病院を探しても、自力で希望の病院の内部事情を調べることは、かなり難しいのが現状です。そこで活用したいのが、「転職サイト」の利用です。
転職サイトは、病院と強い繋がりがあるため、病院の状況や雰囲気など詳しく聞くことができるのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる