介護士が行える医療行為は2つ!

介護士の医療行為

介護士の医療行為は、誰がどこまで行えるのでしょうか?
実は、受けた研修によってできる医療行為が異なります。
今回は、介護士が行える医療行為について詳しく解説します。

目次

介護士はどんな医療行為ができるの?

以前は、医療の資格を持たない介護福祉士等は医療行為を行うことは禁じられていましたが、高齢化社会により医療行為が必要な人が増えたため、平成24年4月に社会福祉士及び介護福祉士法の改正が行われ、研修を受けた介護福祉士や介護職員は喀痰吸引や経管栄養のみ行えるようになりました。

ただし、認定証第1号、第2号を所持している介護福祉士、介護職員等は、誰に対しても喀痰吸引や経管栄養の医療行為を行えますが、認定証第3号を所持している介護福祉士、介護職員等は、重度障害などをもつ特定の人にしか医療行為を行うことができません。

認定証によってできる医療行為が異なる

認定証は、第1号研修、第2号研修、第3号研修と3つの研修が設けられています。
受けた研修によって、できる医療行為やだれに行えるのかが異なります。

また、医療行為を実際に行うためには、研修修了後、各都道府県に申請・登録を行い、「認定特定行為業務従事者」としての認定証の交付をうける必要があります。

第1号研修は全ての項目の実地研修を行うため、全ての行為ができます。
第2号研修は、第1号研修とは異なり、任意の研修のみを行うので、修了した研修のみ医療行為が可能となります。
第3号研修は、全ての医療行為は可能ですが、特定の利用者および、その利用者が必要としている医療行為のみ可能です。

第1号研修

全ての医療行為が可能。

  • 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)
  • 経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻)
  • 不特定多数の利用者

研修課程:介護福祉士養成課程、登録研修機関による研修

第2号研修

任意の行為に対して研修を修了し、個別に認定証の交付を受けることで、医療行為が可能。

  • 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)
  • 経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻)
  • 不特定多数の利用者

研修課程:介護福祉士養成課程、登録研修機関による研修

第3号研修

特定の利用者が必要とする医療行為のみ可能。

  • 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)
  • 経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)
  • 特定の利用者(重度障害などをもつ特定の人)

研修課程:登録研修機関による研修

医療行為に該当しない処置とは

平成17年7月に厚労省より「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈」について、各都道府県知事に以下の項目に関しては、医療行為に該当しないという通知がありました。

  • 自動血圧測定器を使って血圧を測定すること。
  • 体温計を使って体温を計測すること。(電子体温計、水銀体温計、耳式電子体温計)
  • 専門的な判断や技術を必要としない処置をすること。(軽いやけど、擦り傷、切り傷など)
  • 新生児以外の入院治療が不要な人に対して、動脈血酸素飽和度を測定するために、パルスオキシメータを装着すること。
  • 耳垢を取り除くこと。
  • 爪切り、爪やすりをすること。(爪等に異常がなく、専門的な管理等が必要でない人のみ)
  • 重度の歯周病がない人に対して、歯ブラシや綿棒等で歯を磨くことや舌を掃除すること。
  • ストマ装置のパウチに溜まった排泄物を捨てること。(肌に付着したパウチは不可)
  • 自己導尿補助のカテーテルの準備や体位の保持のサポートを行うこと。
  • 市販の浣腸器で浣腸を行うこと。
  • 湿布を貼ること。
  • 一包化された内服薬を飲ませること。 
  • 鼻腔粘膜に薬剤噴霧をすること。

無資格で処置を行っても法律違反にはならなくなりましたが、爪切りで皮膚を切ってしまったり、耳掃除で耳の中を傷つけてしまったりと、医療事故が発生してしまい問題になっているようです。

できない医療行為を行ってしまった時に、どんな罰則があるの?

介護士が行えない医療行為は、喀痰吸引、経管栄養以外全てが該当します。
利用者や違反をしている介護施設からは、よく以下の医療行為を求められることがあると思います。

  • インスリンの注射
  • 点滴の管理
  • 摘便
  • 血糖測定

しかし、これらは介護士が行うことはできません。

「ちょっと注射を打つだけだから」「血糖値を計るだけだし…」と専門知識がないまま、安易に行ってしまうと、大きな医療事故に繋がってしまう可能性もあります。

また、医師法違反もしくは保健師助産師看護師法違反で刑罰に処される可能性があります。
医師法違反の場合、3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金に処されるか、またはこれらを併科されることもあります。

さらに、医師の指示のもと、医療行為を行ってしまった場合、保健師助産師看護師法違反により、2年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金に処されるか、またはこれらを併科される可能性があります。

このように、上司の指示であったり独断で医療行為を行ってしまうと、大変な刑罰を受ける可能性があるのでくれぐれも注意してください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる